HEARTROID®

Peripheralシリーズ

RDNモデル

冠動脈モデルと同様に拍動ポンプで⾎流を再現しており、X線透視下で⾎管造影が⾏えるRDN:Renal Denervation(腎交感神経焼灼術)用モデルです。

EVTモデル

拍動ポンプで血流を再現し、X線透視下で血管造影が行える末梢血管モデルです。下肢の血管に対するステント留置など、血管内治療のシミュレーションが可能です。

HEARTROID活用時の4つの特徴とメリット

HEARTROIDは心臓カテーテル治療・検査の様々な症例に合わせて心臓モデルやポンプ、タンクなどをカスタムしたパッケージを提供しています。
ご要望に応じてさらにカスタマイズ可能ですのでご相談ください。

  • どこでもハイレベルな
    トレーニングが可能
    どこでもハイレベルなトレーニングが可能
  • X線透視下で
    血管造影が可能
    X線透視下で血管造影が可能
  • 簡単にセッティング
    簡単にセッティング
  • ポータブルで移動が自由
    ポータブルで移動が自由

HEARTROIDの使用例

主な使用用途

  • 病院での研修
  • 術前シミュレーション
  • 血管撮影装置の導入評価

対応可能素材

  • エポキシ樹脂(光造形)

製品動画

X線透視下で慢性完全閉塞病変(Chronic Total Occlusion)に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)のシミュレーションです。

  

お問い合わせ