IVUS

Vascular IVR

お客様のご要望に

価格・質ともにBESTな

ご提案をさせていただきます

CT撮影から3Dプリンター出力まで

近年は歯科用CTや医療用CTの進化と普及により、患者さまご自身のデータ(歯列と骨格)を取得することが出来るようになりました。CT撮影で得られたデータを加工し3Dプリンターで出力することにより術前のシミュレーションを実物大モデルでおこなえるようになりました。実物大モデルを手にすることでCAD画面上では不可能なフィット感などを治療チームで共有することにより、高度な治療計画を練ることができます。

  • CT撮影で得られたDICOMデータをmimicsに読込みます
  • 金属などで発生するノイズ(アーチファクト)を除去します
  • 3Dデータ化し、画像またはデータにて関心領域が
    再現されているか
    お客さまに確認をとらせていただきます

    ※医療ワークステーションから直接STL出力が可能な場合、
    上記の工程はなくなります。

  • 3Dプリンター出力
CT撮影で得られたDICOMデータをmimicsに読込みます CT撮影で得られたDICOMデータをmimicsに読込みます

3Dプリンターの活用

近年は歯科用CTや医療用CTの進化と普及により、患者さまご自身のデータ(歯列と骨格)を取得することが出来るようになりました。CT撮影で得られたデータを加工し3Dプリンターで出力することにより術前のシミュレーションを実物大モデルでおこなえるようになりました。実物大モデルを手にすることでCAD画面上では不可能なフィット感などを治療チームで共有することにより、高度な治療計画を練ることができます。

3Dプリンターの活用
3Dプリンターの機器
Q & Aはこちら