胃瘻交換

シミュレーションモデル

胃瘻交換シミュレーター

JMCの胃瘻交換シミュレーターは、様々な種類の胃瘻カテーテルを用い、構造を理解しながら、手技のトレーニングが可能です。
専用ケースは遮光されているため、内視鏡での確認の際、ハレーションが起きにくい構造となっております。また、専用ケースの側面は開放できるため、目視で確認することも可能です。

内視鏡を用いた留置確認

食道側、瘻孔側からの内視鏡を用いた胃瘻カテーテル留置及び、確認の手技をトレーニングすることができます。

スカイブルー法に対応

十二指腸を専用の栓でクランプすることにより、スカイブルー法等の液体を用いたシミュレーションも実施可能です。

  • 治療時間の短縮
  • 治療精度の向上
  • 患者さまへの
    負担軽減
  • 解剖理解

主な使用用途

  • 胃瘻交換デバイスを用いたトレーニング
  • 胃瘻交換手技のトレーニング
  • 内視鏡の操作トレーニング
  • スカイブルー法等の液体を用いたトレーニング
  • 内視鏡を用いた留置確認

対応可能素材

  • エポキシ樹脂(光造形)
  • シリコン
  

お問い合わせ