気管支

術前シミュレーションモデル

気管支シミュレーター

気管支シミュレーターは学生や若手医師への解剖理解のための教育ツールとして活用できます。DICOMデータを基に製作しているので気管支の分岐など細部まで再現がされています。また、気管支鏡を用いた検査から治療デバイスの使用も可能となっています。
本モデルは3Dプリンターにて製作するので最大分岐数である23分岐まで再現することもできます。

再現可能範囲

気管支モデルは気管支の分岐を忠実に再現しており、気管支鏡を用いた検査から治療デバイスの使用まで可能となります。

再現可能範囲:気管~上葉気管支~中葉気管支~下葉気管支
再現可能分岐:23分岐(末梢)

気管支シミュレーター活用時のメリット

  • 治療時間の短縮
    治療時間の短縮
  • 治療精度の向上
    治療精度の向上
  • 患者さまへの
    負担軽減
    患者さまへの負担軽減
  • 解剖理解
    解剖理解

主な使用用途

臨床現場、医療機器の操作練習、医療機器開発の検証モデルを想定しています。

  • 学生や若手医師への解剖理解用の教育モデル
  • 気管支鏡の操作練習
  • 治療デバイスのトレーニング
  • 医療機器の開発段階での機能評価

対応可能素材

気管支の3分岐目までは材質の選択ができますが、以降の先端は硬質での作製となります。

  • エポキシ樹脂(光造形)
  • シリコン
  • ポリビニルアルコール
  

お問い合わせ