歯の移植

術前シミュレーション

光造形モデルを用いた歯の移植シミュレーション

従来、歯の移植手術ではレントゲンやCTなどを用いて、親知らずなど移植する歯の形状を確認し、手術時に移植先の顎骨や移植する歯を削る必要がありました。この際、移植歯を移植先の部位に何回も抜差しすると、歯根膜と呼ばれる部位が傷むため、移植後の定着率が低くなる傾向にありました。
移植歯として用いる親知らずをCTスキャナで撮影、3Dデータとして再構成して光造形で精巧な立体モデルを製作します。CTやMRIで取得した画像は3Dデータ化することができ、光造形を用いて立体モデルとして製作することができます。

インプラント治療における
3Dプリンター活用のメリット

インプラントの埋入する深さや角度などを事前に確認することの 大きなメリットとして以下の4点があります。

  • 治療時間の短縮
    治療時間の短縮
  • 治療精度の向上
    治療精度の向上
  • 患者さまへの
    負担軽減
    患者さまへの負担軽減
  • 手技の向上
    手技の向上

主な使用用途

  • 術前シミュレーション
  • 手技の確認、治療計画の策定
  • 研修員、学生のトレーニング

対応可能素材

  • エポキシ樹脂(光造形)
  • ナイロン
  • 石膏
  • シリコン
  

お問い合わせ