脊椎

術前シミュレーション

骨接合材料(インプラント・プレート)
治療・シミュレーションモデル

脊椎は脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折など様々な疾患のリスクに晒されています。転倒や運動の際に衝撃を受ける場合もあれば、日常生活で徐々に圧迫され骨折に至る場合もあります。 手術が必要な場合は症例に応じて除圧・固定・矯正のいずれかで処置し、スクリュー・インプラント・プレートなどの人工骨を用いて術後の骨を固定します。
JMC Labの術前シミュレーターでは、患者さまの実寸大のモデルを製作して術前にプレートの固定具合の検証をすることが可能です。

骨接合材料(インプラント、プレート)
治療・シミュレーションモデルのメリット

骨切り、ドリリング、固定などインプラントを設置するまでの工程を行うことが可能

  • 治療時間の短縮
    治療時間の短縮
  • 治療精度の向上
    治療精度の向上
  • 患者さまへの
    負担軽減
    負担軽減
  • 手技の向上
    手技の向上

主な使用用途

  • 手技の確認、治療計画の策定
  • 研修員、学生のトレーニング
  • 医療機器メーカーの開発ツール・営業ツール・マーケティングツール

対応可能素材

  • エポキシ樹脂(光造形)
  • ナイロン
  • 石膏
  • シリコン
  

お問い合わせ