頭蓋再建

術前シミュレーション

頭蓋再建シミュレーションモデル

頭蓋骨の硬さは一般的にかぼちゃと同等と言われ、外傷や出術などで欠損してしまう場合があります。人間に最も重要な臓器の脳を守るために欠損部分を新しく作る必要があり、一連の手術のことを「頭蓋再建」と呼びます。
骨の再建には自身の別の部分から骨を移築する方法や、チタン、ハイドロキシアパタイトなどの人工骨を使用する場合があります。再建時の術前シミュレーションでは、実際の頭蓋骨のCTデータから実寸大のモデルを3Dプリンターで作製し、モデルサージェリーを行うことが有効です。
例えば脳腫瘍の場合などは切除と再建を同時に行いますが、術前シミュレーションでは、患者さまの頭蓋骨モデルと人工骨部分の接合部分を合わせて実際に確認することが可能です。

頭蓋再建シミュレーションモデルにおける
3Dプリンター活用のメリット

骨切り、ドリリング、固定、自家骨or人工骨・骨接合材料(インプラント・プレート)を設置するまでの工程を行うことが可能です。

  • 治療時間の短縮
    治療時間の短縮
  • 治療精度の向上
    治療精度の向上
  • 患者さまへの
    負担軽減
    患者さまへの負担軽減
  • 手技の向上
    手技の向上

主な使用用途

  • 術前シミュレーション
  • 手技の確認、治療計画の策定
  • 研修員、学生のトレーニング
  • 医療機器メーカーの開発ツール・営業ツール・マーケティングツール

対応可能素材

  • エポキシ樹脂(光造形)
  • ナイロン
  • 石膏
  • シリコン
  

お問い合わせ