橈骨

術前シミュレーション

骨接合材料(インプラント・プレート)治療シミュレーションモデル

転倒などによる橈骨遠位端骨折は、手首の痛みだけではなく転位(ズレ)や変形、神経損傷などの合併症を伴う場合があります。ギプス固定で完治しない場合は手術で修復した上でプレートなどを使って強固に固定する必要があります。
JMC Labの術前シミュレーターでは、患者さまの実寸大のモデルを製作して術前にプレートの固定具合の検証をすることが可能です。

骨接合材料(インプラント、プレート)設置
シミュレーションモデルのメリット

骨切り、ドリリング、固定などインプラントを設置するまでの工程を行うことが可能

  • 治療時間の短縮
    治療時間の短縮
  • 治療精度の向上
    治療精度の向上
  • 患者さまへの
    負担軽減
    患者さまへの負担軽減
  • 手技の向上
    手技の向上

主な使用用途

  • 手技の確認、治療計画の策定
  • 研修員、学生のトレーニング
  • 医療機器メーカーの開発ツール・営業ツール・マーケティングツール

対応可能素材

  • エポキシ樹脂(光造形)
  • ナイロン
  • 石膏
  • シリコン
  

お問い合わせ